稲葉大樹ブログ 1日1笑365連笑

読むと生きる勇気が湧く どうでも良すぎる内容のブログです。

世界の車窓から ファイナル

よこづな名物「ヨコチュウ」でアルチュウ状態の中

三人でチュウチュウトレインを熱唱しながら千鳥足で二次会へ向か う

 

 
f:id:inabadaiki:20180208204920j:image

二次会会場スナックSUZURAN

 

 
f:id:inabadaiki:20180208204935j:image

メシ島のダイバシティーと言われる

「アイタウン」にあり

隣の居酒屋鈴蘭は新鮮な海の幸が食べられる

ランチタイムにも多くの人で賑わう

先日25周年を迎えた飯島屈指の人気店

是非一度行ってみてください

鈴蘭

食べログ鈴蘭

 一人が二人に見え二人が五人に見える

アルコール漬けの脳みそで


f:id:inabadaiki:20180208204946j:image

「やっぱりこれで叩くのか」と思いつつ

 

 

乾杯


f:id:inabadaiki:20180208205025j:image

飯島にきてどれくらい経ったのだろう

神社でもらったミカンはどこに置いてきたのだろう

 

 

キャンドルライトの中の我々を

細い目で見つめながら


f:id:inabadaiki:20180208205550j:image

大きな喜びと少しのさみしさを

涙の言葉で歌い始めた

 

 
f:id:inabadaiki:20180208205051j:image

曲は飯島町民の飯島「愛」ソング

飯島愛の「ナイショDEアイ!アイ!」

 

f:id:inabadaiki:20180208205137j:image

誰でも一度はアイ!アイ!

それが最高のアイ!アイ!

誰でも夢見るアイ!アイ!

それは内緒のアイ!アイ!


f:id:inabadaiki:20180208211205j:image
 

 

飯島「愛」ソングを聞き続ける事小一時間

我々は大都会伊那市に帰らなければならない

時間になった

 

そして6時間前に降り立った駅へ

 

酔いしれている我々にはコレさえも


f:id:inabadaiki:20180208205216j:image

「 なばなの里のイルミネーション」の様に映った

 

 

22:24ちょうどの飯田線2号に乗って我々は飯島から旅立った

 
f:id:inabadaiki:20180208205106j:image

 

満員電車の中

俺達は人目を気にしながら小さな声で口ずさんだ

 

f:id:inabadaiki:20180208205321j:image

誰でも一度はアイ!アイ!

それが最高のアイ!アイ!

誰でも夢見るアイ!アイ!

それは内緒のアイ!アイ!


 

いいだろ!飯島町

好きだぜ!飯島町